スコーンの食べられるカフェや、スコーンの人気レシピなどを紹介する総合サイトです。 スコーンの情報が全てあるサイトを目指しています。

  


更新情報を受け取る
facebookページ
スコーン 特集ページ
  スコーンの時間にかける音楽



スコーンの時間にかける音楽

ホームパーティでスコーンを焼く方は割りと多いと思います。
その際にBGMをかけてゲストの気分をやわらげたい、といった事もまたありますよね。
そんな時の一枚のアルバムをご紹介します。

「Milk Bossa」

基本ボサノバではあるものの、あまり南国色がキツくなく、スタイリイッシュな仕上がりになっています。

毎曲でボーカルが入れ替わりますが曲調は一貫して同じ雰囲気です。そのためホームパーティでDJは呼べないけれども穏やかで甘く優しく、かつシャレた雰囲気をキープさせたいシチュエーションには使える一枚です。

今月当サイト主催の一日カフェでもこのCDを使います。

曲目 ( アマゾンで視聴 )
1. パーフェクト・キス(Marcelo Resende)オリジナル:ニュー・オーダー
2. ライク・ア・ヴァージン(Marcela)オリジナル:マドンナ
3. ウーマン(Dudu Braga)オリジナル:ジョン・レノン
4. プライヴェイト・アイズ(Cris Delano)オリジナル:ホール&オーツ
5. ゼア・シー・ゴーズ(Marcelo Resende)オリジナル:ラーズ
6. トゥルー・カラーズ(Cris Delano)オリジナル:シンディー・ローパー
7. ホエン・ラヴ・ブレイクス・ダウン(Marcelo Resende)オリジナル:プリファブ・スプラウト
8. ヒューマン・ネイチャー(Marcela)オリジナル:マイケル・ジャクソン
9. スムース・オペレーター(Dudu Braga)オリジナル:シャーデー
10. テイク・オン・ミー(Marcela)オリジナル:a-ha
11. ウェスト・エンド・ガールズ(Cris Delano)オリジナル:ペット・ショップ・ボーイズ
12. メイヤー・オブ・シンプルトン(Marcelo Resende)オリジナル:XTC
13. ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー(Marcela)オリジナル:U2

 
Amazonの説明より。

『MILK BOSSA』第2弾、今回のテーマは「80年代」。 マドンナ、a-ha、プリファブ・スプラウト、ニュー・オーダー…80年代を彩ったあの大ヒット曲&“ちょい渋”な名曲を、ボサノヴァの巨匠ロベルト・メネスカル・ファミリーが アコースティックにボサ・カヴァー!本場ブラジル録音特有の生っぽい音がリオの空気を部屋に連れてきます。

ご質問・感想などは スコーンシェルジュまで




お問い合わせ - 日本の伝統文化・ニュース
Copyright 2017 Tokyo Valley All rights reserved.
 
スイーツ